DESIGN 設計について

設計費用 料金表

工事種別工事費(消費税を除く)料率設計監理費(消費税を除く)
改装~300万円未満~20%60万円
~300万円以上~500万円未満20% ~ 18%60~90万円
500万円以上~750万円未満18% ~ 16%90~120万円
750万円以上~1,000万円未満16% ~ 14%120~140万円
1,000万円以上~1,500万円未満14% ~ 13%140~195万円
1,500万円以上~2,000万円未満13% ~ 12.5%195~250万円
2,000万円以上~3,000万円未満12.5% ~ 12%250~360万円
3,000万円以上~5,000万円未満12% ~ 11%360~550万円
5,000万円以上~1億円未満11% ~ 8%550~800万円
1億円以上8% ~ 3%800万円~
新築~2000万円未満220万円
2,000万円以上~2,500万円未満10% + 20万円220~270万円
2,500万円以上~3,000万円未満9% + 45万円270~315万円
3,000万円以上~5,000万円未満8.5% + 60万円315~485万円
5,000万円以上~7,500万円未満8% + 85万円485~685万円
7,500万円以上~1億円未満7.5% + 122.5万円685~872.5万円
1億円以上~1億5,000万円未満7% + 172.5万円872.5~1,222.5万円
1億5,000万円以上~2億円未満6% + 322.5万円1,222.5~1,522.5万円
2億円以上都度見積
その他応相談
支給品選定費用
  • 支給品の選定作業費用は下記によります。手配、在庫確認、購入、保管はクライアント側で行っていただきます。
    ~30坪未満 100,000円+消費税
    30坪以上~50坪未満 150,000円+消費税
    50坪以上~100坪未満 200,000円+消費税
    100坪以上~ 要応談
含んでいないもの
  • 確認申請を含む許認可申請・届出業務を含みません。
  • 構造設計・構造計算費を含みません。見積書に別途計上いたします。
  • 実施設計中に大幅な設計変更が生じた際は、別途変更見積を提出いたします。

オプション費用

置き家具、小物類の選定(購入はクライアント側で行っていただきます)
3~10万円
地盤調査費
木造 3~4万円
S・RC造 10~30万円
地盤補強工事費(上記調査の結果、補強が必要な場合)
30万円~
木造特殊構造、鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造における構造設計費、及び構造計算費
30万円~
都市計画法における建築許可申請業務
(申請手数料はクライアント負担となります)
10~20万円

お支払い方法

5回に分けてお願いしています。(リフォームは規模により3回にてお願いすることがあります)

設計監理契約時
10%
基本設計完了時
30%
実施設計完了時
30%
工事中間時
15%
竣工引渡し時
15%

※該当時期に請求書を提出させていただき、後日銀行振込によるお支払いをお願いしております。(現金も可)

設計の流れ

お問い合わせから契約まで

  1. step 1
    無料相談

    まずは

    随時受け付けております。費用のこと、土地のこと、間取りのこと、スケジュールのこと、何でもお気軽にご相談ください。

  2. step 2
    土地探し

    決まってなければ

    不動産免許を持つ土地のプロでもありますので、土地探しもお任せください。

  3. step 3
    ご提案

    渾身の力を込めた

    基本的には無料ですが、条件によっては3~10万円(税別)申し受けることがあります。有償の場合は事前にお伝えします。

  4. step 4
    設計監理契約

    重要な節目

    重要事項説明を行った後、契約を交わします。2〜3週間に1回のペースを目安に打合せを行っていきます。

基本設計から工事請負契約まで

  1. step 5
    基本設計

    骨格を決める

    広さ、高さ、構造種別、間取り、内外装仕上、設備概要など、金額に大きく影響を及ぼす内容を決めていきます。

  2. step 6
    概算工事費算出

    設計途中で行う

    設計の中間地点で工事費を把握する重要な作業です。予算オーバーの場合は、減額調整しつつ残りの設計を進めていきます。

  3. step 7
    実施設計

    詳細を決める

    意匠のディテールや構造体のサイズ決め、設備のルート決めなど、詳細な設計を行います。

  4. step 8
    工事・見積

    ドキドキの

    設計アップの後、工事費の見積を行います。景気の趨勢も影響するので、見積書開封時はドキドキです。

  5. step 9
    減額調整

    みんなが通る道

    予算内に収めるため、最後の減額調整を行います。ご要望に優先順位を付けていただいて、あきらめられるものとそうでないものを峻別していきます。

  6. step 10
    工事請負契約

    身を切る痛みを乗り越えて

    無事予算内に収まりついに工事契約です。非常に大きな金額の契約となりますので、いつになってもピンと背筋が張ります。

着工から完成引き渡しまで

  1. step 11
    着工

    地鎮祭を開催して

    ようやく工事の始まりです。土地の神様に安全祈願を行い、基礎工事から着手してきます。

  2. step 12
    工事中間検査

    折り返し地点

    特定工程工事終了時点で中間検査を行います。この検査の他にも現場に通い工程毎の検査を実施していきます。

  3. step 13
    完成引き渡し

    感慨深い

    待望のお引き渡しです。いろんなことを乗り越えてのゴールです。