検診センター

      2016/09/28

愛知県/鉄骨造2建て

コンセプト

既設の検診センターの建替計画です。

設計コンセプトを考えるにあたり、検診センターにおける検査結果は千差万別で、同じ結果が2つとない個人情報の集積地である、ということに注視しました。

そこから「個性」「ランダム性」「有機性」というベースとなるキーワードを決めていきました。

外観デザインは、ガラス幅をあえて揃えず、ランダムなレイアウトとしています。

またところどころにセラミック製のリブを入れ、フラットで画一的に感じさせないよう意図しています。

ガラス幅をランダムにしたり、玄関ドアやキャノピーに木を用いたり、セラミックリブを採用することで、無機質な施設然としたイメージを払拭し、”人を診る“ という、有機的な用途の建物であることを表現しています。

 

 

住宅サイトリンク01店舗サイトリンク01理美容院サイトリンク01不動産サイトリンク01

fbサイトリンク07 マスターサイトリンク01

 お問い合わせはこちら

 - WORKS, 医療施設 ,